外反母趾の簡単な予防治療体操

外反母趾とは、親指の付け根が外側を向き、親指の頭が内側に向いた状態で痛みを伴う疾患です。その原因の一つにハイヒールという説もありますが、簡単な予防治療を紹介します。ホーマン体操といわれる外反母趾には有名な体操です。用意するものは足の左右の親指にかけて親指の間が2~3cm程度になる輪にした紐、できれば幅広のゴムバンド。用意ができたら床に足を投げ出して座り、両足の親指にかけ、踵を合わせたまま支点にして足先を外側に引っ張り5~10秒、その位置を保った後、足を戻してゴムバンドまたは紐を緩めます。これを1クール30回、一日3クール行います。外反母趾の参考はこちらです。無理しないように、この運動を毎日続けることで、立って歩くだけで進行する外反母趾を少しでも食い止めれます。