バラの苗の茎をかぶっている人の事を学ぶ

バラの苗の茎をかぶっている人の事を学ぶための聖書には、緑や赤のペンで聖書の文章の下にアンダーラインが引いてありました。それらのどこがどのように重要なのはチンプンカンプンでした。きっとバラの苗の茎をかぶった人を信仰する人なら理解できるのでしょうね。説教は1時間位続いたでしょうか、バラの苗の茎をかぶった人を信仰していない私にとっては永遠に感じました。説教の後は、黒人の牧師さんの自宅で親しい人達だけで集まってランチをするとの事で、私も参加する事になりました。バラの苗の柄の入ったストールを巻いていた人もバラのコサージュを付けた人も一緒に行く様です。また車に乗り込み走る事5分、黒人の牧師さんの家に着きました。